高知県の仁淀川町で桜の名所をめぐる旅(2日目)

こんにちは!タカジュンです。
 
4月6日水曜日!今日も仁淀川町にやってきました。
 
仁淀川町の桜は、今週末ぐらいまでは楽しめる。らしいですよ!ではっスタート!

土佐の桜めぐり2日目。

 

今日は、吾川のひょうたん桜 → 引地橋の花桃 → 秋葉の宿 → 上久喜の花桃 → 池川茶園を巡ります。

 
 

ひょうたん桜に到着。

 
昨日の強風で花びらがだいぶ落ちてますね。
 
 

昨日、売店で見つけた「アレ」を買いに行きます。

 
 

今日も朝からお客さん多いなぁ。

 
 

だしが染み込んでて旨そうな「おでん」があります。

 
 

左が桜の塩漬け、右が手作りまんじゅう。さて、ここで問題です。私はどっちを買うでしょう?

 
 

正解。手作りの桜まんじゅうでした〜。

 
「酒場放浪記」で有名な吉田類さんって仁淀川町の観光特使なんですね。へ〜。
 
 
旨そうなまんじゅうが3つ入ってます。食いたいけど、ここは我慢だ。
 
 
スポンサーリンク

引地橋を通過する。

 
 
 
引地橋を渡って、大渡ダムへ向かいます。
 
 

秋葉の宿に着いた。

 
 
敷地内に、バカみたいにでかいタイヤが3つ展示されてます。なんだこれは ⁉︎
 
 
 
 
日鉄鉱業(株)鳥形山鉱業所が寄贈したホイールローダー用タイヤ。だそうです。
 
 
 
 
土台のところにタバコを置いて比較。デカいっすね。
 
 
 
 
さて、いよいよ秋葉の宿(旧仁淀川町観光センター)の中へ入ります。
 

奥へ進むと‥あ、ありました!歴史民俗資料室。

 
 
館内には、仁淀川町の古い生活道具や書画などが展示されています。
 
 

↑ 仁淀村の詳細は、拡大して見てくださいね。

 
 

本日の昼食は、山河の新鮮な食材を使った和食でございます。

 
 

さて、アメゴの塩焼きをいただいてみましょうか!こ、これは、うめ〜。

 
 

よし、腹もはったしそろそろ行きますよ。

 
 

上久喜地区、到着。

 
上久喜公民館の駐車場から目的地までおよそ100メートル。歩いていきます。
 
 

なに‥この癒しの風景。めっちゃ水きれいですやんΣ(・□・;)

 
 

絶景スポットに着きました。売店もありますね。

 
 

おぉ、なかなか賑わってますなぁ。

 
 

斜面一帯に花桃がビッシリ!対岸を見ると‥

 
 

こ、これは素晴らしい。赤、白、ピンクの花が咲き、見事なコントラストをつくり出しています。これはまさに桃源郷!ですね。

 
 

地区の新名所にと地元の方が15年かけて植えてきた花桃。見頃は4月中旬〜4月下旬ですよ。

 
 

池川茶園へ行く。

 

そして、最後は「池川茶園」でお買いものをします。狭い道を少し下ると‥

 
 

工房兼カフェがあります。白いコテージのような建物ですね。

 
 

お茶を知り尽くした茶農家のお母さんたちが2010年に立ち上げた小さなスイーツ工房。

 
 

お母さんたちが店の奥で毎日おいしいスイーツを手作りでコトコト作り続けています。

 
 

甘さ控えめの上品なお茶のプリン。お茶のゼリーとプリンの「2層仕立て」が特徴ですね。

 
 

ちょっと持ってて。 ハイ。「プレミアムソフト」をいただきました。美味いなぁコレ!

 
 

テラスに座って、美しい「仁淀ブルー」の川を眺めながら極上スイーツを頂く。最高の贅沢ですよね。

 
 

茶畑プリン「ほうじ茶」と「かぶせ茶」、茶畑ロールを買って帰ってきました。

 
写真を撮り、ちょこっとスーパーに買い物へ。帰ってくると‥
 
妻と子供のお腹の中に、きれいさっぱり収まってました‥。ショック!
 
プリン、ひと口でいいから食べたかったなぁ。。・゜・(ノД`)・゜・。
 
 
ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる