【伊勢名物】赤福を初めて食べてみた。うっ、美味い……

こんにちは!タカジュンです。
 
今回は、伊勢の名物「赤福」をゲットしたので実食してみたいと思います。
 
 
赤福、私初めて食べます。どんな味なんやろ…。
 
 
歴史を感じさせるパッケージデザインですね。渋いな。
 
 
専用のヘラと「伊勢だより」という紙が入っています。
 
この「伊勢だより」。全部で400種類あって、赤福1箱に毎日日替わりで必ず1枚入れられているそうですよ。
 
 

よし、全種類制覇してやる。← うそ

 
 
それでは、紙をそっと開けていきます。
 
 
 
 
 
 

じつに、神々しい… 綺麗にアンコが並んでいる……


 
この独特な波形は、伊勢市を流れる五十鈴川(いすずがわ)を、下の餅は川底の小石を表しているそうです。

 
さて、「アンコ専用ヘラ」を差し込んでみましょう。
 
 
12個ぎっしりと詰まってて、なかなか持ち上がりませんっ!(汗)
 
 

出た。


 
このキメの細かいアンコ……ずっと眺めていたい。
 
 
うっ、美味い……
 
透き通るような心地よい甘さと、この信じられないほどに口溶けが滑らかなアンコ。こんなアンコは今まで食べたことがないぞ……
 
私「ちょっと、お茶入れて。

妻「自分で入れや。(¬_¬)

 

そして、下のお餅は少し歯ごたえがあって食べ応えも充分、こちらも大変美味でございました。

 
いやー、赤福美味いなぁ♪( ´▽`)
 
素材本来の美味しさが味わえる品のあるお餅でした。以上、赤福の感想でした!
 
ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる