【真夏のレシピ】冷やしざるらーめん 〜 黄身を乗せて 〜

午後18時、仕事を終え帰宅。今日もささっと晩メシを作ります。

 
今夜は「冷やしざるらーめん」です。調理時間わずか10分!食欲がない時でも不思議とがっつり食べられる、我が家夏の定番メニュー。
 
 
それでは、作っていきましょう!
 
スーパーで売ってるごく普通の「ざるらーめん」に、以下の具を追加します。
 

【具・4人分】

 
・カットわかめ / 好きなだけ
・半熟たまご / 4個
・刻みネギ / 適当
・白ごま / 適当
 
 
麺を茹がく間に、わかめを水で戻します。ネギは、細めに刻んだら水にさらしておきましょう。
 
 

次に、半熟たまごを作ります。ポイントは


 
『水の状態から茹で始める事』
 
 
あと、塩も少し入れて下さい。すると、卵が途中で割れずにきれいに茹でる事が出来ます。
 
 
【作り方】
鍋に卵を4つ並べて、たっぷりの水と少量の塩を入れます。
 
沸騰し始めたら、そこからさらに5分半〜6分茹でてください。
 
 

茹で上がったら、鍋ごと冷水で冷やします。そして殻に適当なヒビを入れたら、蛇口から流れ出る水に卵を当てながら殻を剥いてみてください。

 
一瞬で、つるんとキレイに剥けるはず!
 
 
ぜひ、試してみてください。
 
 
さて、夏はやっぱり「ざる」が美味い!ということで、がっつり取ったら一気に食う……
 
 
この麺、やけに長いな。どこまでも……
 
 
のぼっていく麺……
 

私「 こ、これは…… 」

 
長女「 はやく食べや。」
 
おしまい
 
 
ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる