四国お遍路に同行すること3年。最近感じていること

八十八の寺を巡る遍路。その目的は自分探しや健康祈願、開運、縁結びなど人それぞれです。
 

最近はカジュアルな服装でお遍路をする「お遍路ガール」なんてのも流行っているようですね。

そんな「遍路旅」に私もご縁があってたびたび同行させて頂くわけなんですが、この仕事が結構大変でして
 
ぶっちゃけ剥げそうになります。
 
不慣れな車内アナウンス(カミカミ)をはじめ、お金の管理や計算、昼食や夕食の手配。
 
10数キロの荷物を抱えての階段猛ダッシュ。
 
時には、うどんの国の納経所にいた超偉そうなクソ坊主に…。あ、失礼しました。
 
その他、ありとあらゆることを全て1人でこなさないといけません。
 

ぶっちゃけ、煩悩だらけの私には激務過ぎます。

でも、最近気づきました。嫌なことばかりじゃないんだなと。良い事もたくさんあると。
 

四国各地で出会う美味しいうどんや、

出汁の染み込んだ超アツアツなおでん。これは熱すぎて泣けたなぁ。

柿を両手に持ち「大変やね」と声を掛けてくれるニヒルな笑顔のおばちゃんや、

神社だけに「ジンジャー味」のあめ玉をいつもくれる優しいお客さん。
 

道中で、色々と楽しい出会いがある。だから、こうして心が折れずに頑張れるのかもしれません。

コケたり。泣いたり。笑ったり。
 

この旅を通して色々と経験していくうちに気持ちが豊かになり、自分の人生感も変わっていくような気がしています。

だから、これからもこの仕事を頑張って続けていきたい。
 
雄大な土佐湾を見ながら、ふとそう思いました。とさ。
 
ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる