梶ヶ森ひとり登山日記(3)天狗の鼻まで一気に駆け上がる

梶ヶ森ひとり登山日記(2)真名井の滝からのシャクナゲの森へ

シャクナゲの森で、お茶を飲んで小休憩。次は「天狗の鼻」を目指します!紅葉が目立つようになってきました。
 

天狗の鼻まで一気に駆け上がる

えっ、ここから山頂までまだ1キロもあるのっ?!看板見るんじゃなかったT^T

森、そして森。この森はいったいどこまで続くんじゃー!!

ぐおぁーっ!くっそー!!(ガザガザッ)

 
あ、この辺りは紅葉が色づき始めてるんですねー。
 

きれいだなぁ♪

ここまで来ると、青空がちらほら見えるようになってきました。

どうやら私は700段も上がってきたようです。
 

今、自分で自分をめっちゃ褒めてやりたい気分ですね。

はっ!(◎_◎;)

やっと森を出ました。長かったー(汗)

やっぱ開けた場所に出ると気持ちいいですねー♪
 
空と風に心が癒されるような気がします。
 
 さて、もうひと踏ん張り!
 
しばらく登ると、
 

山荘「梶ヶ森」が見える岩場に着きました。

この付近になると背の高い木がないので、見晴らしが最高ですね。

この岩場でちょっと休憩。

山に1人ぼっちで登って寂しくないの?

 
このブログを読んで、そう思ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 

今日、経験してみて分かりました。はっきり言いましょう!

めっちゃ寂しいです。孤独すぎて、ぶっちゃけ泣きそうになりました(笑)

 
1人だと何が起こるかわからないし、ありとあらゆることを自分で解決しないといけません。
 

ただ、ひとり登山の良いと思ったとこは「自分のペースで登れる」って事ですかね。この点はすごく気分が楽です。

でも、やっぱ次は誰かと登りたいなー。
 

というわけで、1000段突破しました!!

天狗の鼻、到着っ!!

 

さて、時間ないんでこのまま一気に行きましょう!

ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる