のんびりと高知の空を眺めながら

天まで突き抜けるような秋の空って、なんかいいですよね。

この季節になると暇を見つけては、のんびりと空を眺めたりしています。

そんな私に、妻は「男のくせに。」とか「この、暇人!」とか言ってきますが。
 

男にも、こういう癒しの時間って必要なんですよ。

空を見て、心を癒す。これは私にとってとても大切な時間。お前は未だに分かってないのか?このバカたれがっ!」
 
妻にいつか、言ってやりたいです。
 

これは、いわし雲。いわしの群れのように見える雲。ひつじ雲ではないよね?たぶん。

これは、さば雲。あ、そうだ!思い出した。
 
サバフライこのやろめー。( この前、全身じんましんが出た )
 

雲は私たちにとって、もっとも日常的で身近な自然ではないでしょうか。

刻々と変化していく雲。その雄大さにいつしか心を奪われ、時間を忘れてしまうほどです。
 
ただ、写真を撮っていて、いつも思うのですが…
 

電線が超ジャマっ!張りめぐらしすぎっ!!

溝口健二映画監督が見たら「電柱が邪魔だ!切れ!」って絶対言うでこれ!
 
ほんま、まぎるわー。
 
そんなことを思いながら空を見ることで、外を歩く楽しみが増えています。
 
今日この頃。
 
ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる