[本山町]カフェ併設!本山さくら市での買い物が楽しすぎる!

こんにちは、タカジュンです。(@JunsKitchen66

今回は、嶺北地区・本山町の中心部にある産直所「本山さくら市」の紹介です。
 

本山さくら市 (嶺北・本山町)

住所: 高知県長岡郡本山町本山582-2
営業時間: 7時〜17時半
休館日: 1月1日〜4日
 

高知自動車道「大豊IC」から約10km。クルマだと12〜3分程度でしょうか。国道沿いにあります。

 

店内は、とれたて新鮮な旬のお野菜がずらり!

毎朝、地元生産農家の方が運んでくる新鮮な野菜の数々。見ているだけでテンションが上がりますね。
 
 
高知の特産「葉にんにく」も置かれてます。(*店内は許可を得て撮影しています)
 
 
こちらは田舎ずし。私は、タケノコのやつが超絶に好きです。

右隣りには天空米を使用した『四季菜館』の特製弁当も。

 

土佐あかうしのお肉やハンバーグ。
 
 
ケーキやらジュースやら味噌やら。ぶっちゃけ、これはもう「パラダイスッ!」としか言いようがありません。
 
 
アメゴの開きや、
 
 
たぬき油。たぬき油??
 
どんな効能があるかは使ってみないとわからないのか… なるほど。

これは、妻にプレゼントだな。

 

うまそうなゆず皮ジャムに、
 
 
本山町のうれっこキムチ。白菜ではなくチャーテを使っているそうです。ふっ、おもしろい。買いましょう!
 
 
ゆずビンの本数がハンパないです!うーむ、これは選ぶのに迷うw
 
 
こちらは、一升瓶(2500円)。
 
 
干いも。これ甘くて美味いんですよねー。
 
 
土佐町産のいちごもあります。
 
 
こんなに大きいチャーテが5個で100円だなんて…
 
マジかよ… めっさお買い得やん。
 
 
ウチュウイモ??これは初めましてですね。説明書きには「巨大なムカゴ」って書いてます。
 
 
皮付きのまま、そのままポリッと食べられる「葉つき人参」なんてのもありましたよ。
 
スポンサーリンク

民芸品や木工品なども置かれています

そして、店の奥には手作りの民芸品コーナー。
 
 
この髪留めは、男心をくすぐるピュアなデザインが印象的でした。どれもこれも可愛くて、グッときました。
 
 
ひょうたんかぼちゃ&かぼちゃ。
 
 
りゅうきゅうの束も100円です。やっすー
 
 
赤とうがらしや干し竹の子、干しズイキなどなど。
 
 
大豊町特産の幻のお茶「碁石茶」も置いてます。
 
 
こちらにはポン酢やドレッシング、その他いろいろ。後ろに見えるのは野菜の種でしょうか?
 
 
こちらは汗見川シリーズ。しそジュース最強ー!
 
 
ヒビノケイコさんが経営している「ぽっちり堂」のお菓子も売ってました。
 
 
あと、入り口横にあるのが「レイホクファーマーズカフェ」。ここのパンはほんと美味しいのでぜひ!
 

↓関連記事もついでにcheck!
[本山町]レイホクファーマーズカフェ!佐藤さんの作るパンは超絶品です

レイホクファーマーズカフェで朝食を

そして、最後に紹介したいのがコチラです!

さくら茶屋

地元のJA女性部が運営している惣菜屋さんです。外観がなんとも素敵ー。
 
 
この日のメニューは4種類。
 
「山菜おこわ」は、もち米と山菜を蒸した、いわば赤飯の小豆無しみたいなものだそうです。
 
今日はまだ「蒸し中」とのことだったので、コロッケと蒸しまんじゅうを買いました。
 
ひと口食べてみると、どこか懐かしく、優しい味わい。正直、何個でもいけそうな気がしました。
 
 
みなさん普段は本業(農家さん)があるので、今のところは不定期で営業しているとのことでした。頑張ってください!
 
というわけで、以上「本山さくら市」のご紹介でした。

本山町にお越しの際はぜひぜひお立ち寄りください〜( ´ ▽ ` )ノ
 
ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる