3月4日開館!高知城歴史博物館に行こう!

どうも、タカジュンです。( @JunsKitchen66

先週からDIYに夢中になりすぎて、ブログの更新を1週間もサボってしまいました。すいません〜

さて明日(3月4日)より、いよいよ「志国高知 幕末維新博」が開催されます。

 

先日、ラッキーな事に同日開館となるメイン会場の「高知城歴史博物館」の内覧会に参加することが出来ました。

 

関係者の方に確認したところ、館内は写真撮影OK!ブログ掲載も全然OK!だそうなので、今回は内部の様子をチラッと紹介してみたいと思います。

 

さて、まずは1階部分。入り口奥にはホールや実習室、和室、城下町情報コーナーがあり

 

手前には高知のお土産やここでしか手に入らないオリジナルグッズを販売するミュージアムショップ、高知県情報コーナーがあります。

 

2Fへ上がっていきましょう。

 

土佐檜の壁や、優しい雰囲気を醸し出す間接照明。近代的なイメージの建築。これはもう「お洒落な空間」としか言いようがないですね。

 

2Fをすっ飛ばし、3Fに上がってきました。ちなみに2Fには喫茶室にテラス、収蔵資料に関するデータベースを利用することができる「閲覧室」がありました。

 

3F展望ロビーからの眺め。高知城と追手門が視界いっぱいに飛び込んできます。美しい… まさに大パノラマ!

 

3F博物館の受付では、多言語対応【英・中・韓・タイ】のタブレットを無料で借りることができます。

イヤホンによる音声ガイドで、展示資料の見どころを分かりやすく学べるそうですよ。

 

導入展示室。土佐の歴史大年表と絵地図等が展示されています。

 

続いて総合展示室1。

 

戦国〜江戸時代を中心とした高知の歴史や、城の役割などを学ぶ事ができます。

 

こちらは高知城を内部まで忠実に再現した模型。

 

見た感じ、めっちゃリアルでしたよ。

 

続きまして総合展示室2。「志国高知 幕末維新博」の期間中は、幕末維新をテーマとした連続特集展示を行うそうです。

 

大政奉還建白書の写しや、船中八策、海援隊の様々な資料の数々が展示されています。これはファンには堪らないっ!

 

あと、龍馬没後150年の時を経ての新発見!

坂本龍馬が京都で暗殺される5日前に書いた手紙が期間限定で初公開されるそうです。

明日から開館の高知城歴史博物館!ぜひ訪ねてみてください♪( ´▽`)

 

今日のおまけ

なんと、土佐おもてなし海援隊の坂本龍馬さんと武市半平太さんにばったり遭遇!激写させていただきましたw

 

【高知県立 高知城歴史博物館】
住所:高知県高知市追手筋2-7-5
TEL:088-871-1600
開館時間:9:00〜18:00 (日曜は8:00〜18:00)
休館日:幕末維新博期間中は無休
観覧料:企画展開催中 700円
    その他の期間 500円
    年間観覧券 2000円

ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる