遍路めぐり同行4年目。最近感じていること。

お遍路をする目的って人それぞれだと思います。

従来の信仰によって巡礼したい人。

新しい自分を探したい人、四国の自然を感じてストレスを解消したい人、歩いてダイエットしたい人。

この他にも様々な動機がありますよね。

じつは、私もお遍路にたびたび同行する機会がありまして、昨日も愛媛県のお寺を巡ってきました。

ちなみにですが、私がお遍路に同行する理由。

それは…

 

仕事だからです。

お遍路さんをサポートする仕事だから。だから、お寺をまわる「動機」とかこれと言って無いんですよね。

 

ゆえに辛いのです。約3年間サポート係を務めましたが、最近この仕事がぶっちゃけ辛くてつらくてたまらない!

 

慣れない車内アナウンスをはじめ、お金の管理や食事、タクシー、その他あれやこれやの手配。

数十冊の納経帳を担いでの階段ダッシュ。1日に11ヶ寺も回らないといけないというプレッシャー…

 

もう、マジで禿げちゃうから!

私のキャパを完全にオーバーしちゃってるから、やる事なす事すべてが大変かつ過酷なわけです。

 

この日も朝イチ一発目から「横峰寺」ってマジか!って感じで…。

山のてっぺんまで登山バスで行き、そこからしばらく続くこの下り坂がまじキツいわけです!時間もかかるし!

歩けども歩けども変わらない景色、両肩にズッシリとのしかかる重い荷物。

 

タカジュン
もうイヤだー!!(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

ぶっちゃけ、

何もかも捨てて逃げ出したくなる時が多々あります。

でもそんな時。いつも、お客さんが優しくしてくれるんですよね。

 

「まぁ!いっつも大変やねぇ。これ食べて頑張り!」って、森永ミルクキャラメルをくれる優しいマダムや

 

瀬戸内銘菓「母恵夢」とアーモンド風味のお菓子をしれ~っとくれるマダム。

 

「それ食べたら喉乾くやろ?これ飲んどき!」と、元気ハツラツオロナミンCをくれる元気なマダム。

 

そんなマダム達のさりげない優しさがいつも嬉しい。ほんとに嬉しい。元気をもらえます。

だから、私はなんだかんだ言いながらも、こうやって頑張っていけるのかもしれません。

 

辛い時や、どうしようもなくつまづいた時に触れる人の優しさ。

そういう経験を通して、きっと人は成長していける。

自分は煩悩の塊のような弱い人間だけど、いつか…

だから、まだ限界じゃない。そう確信しました。

 

常に結果にコミットし、この方たちが結願するまではやめられない。

つまり私は JUST DO IT の考えのもと、場所に届けるんじゃない。人に届けるんだ!という気持ちで、これからも進まなければならないという事になります。

 

それが金持ちへの道。つまり私は決して禿げない!きっとそういうことなんだと思います。

お遍路巡りって辛い事が多いけど、いい時間もある。

だから続けられるんでしょうね。きっと。

ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる