真夏のど田舎で

お盆真っ只中の8月14日。墓参りも兼ね、いの町に住む祖母の家へ行ってきました。

 

到着して早々「トンボ捕り大会」が始まり

 

姪っ子と娘と妻がトンボや蝶々を夢中で追いかけてました。

 

時間を忘れ、網をブンブン振り回しながら捕って捕って、ひたすら捕って…

 

もう止めるんかなと思ったら、また捕って

 

3時間が経ち、赤トンボを捕まえようやくトンボ捕り終了。からの、麦茶を飲んですかさず川へ。

 

今度は水遊びです。汗だくになった後に入る川ってめっちゃ気持ちいいですよね。

 

ただ、ここの水って超冷やいんですよ。

夏でも氷水みたいにくっそ冷やいんで、5分入ったらガクブルになるんで、オイラ今はパス。

 

でも、そんな川でも子供たちは楽しそうに遊んでました。若いっていいですよね。

 

で、私は子供たちを見守るため、お気に入りの岩場の上へ駆け上がり…

 

あぁ、超気持ちいい~。ここからの眺めが好きなんですよねぇ。

なんつーかこう、鳥にでもなったかのような…

もののけ姫の主人公にでもなったかのような、いや、ディカプリオになったような気分になれるんです。

ありがとう。サンとシシ神さまのおかげだ。」って感じですね。

 

まあそんな事を思いながら、ばあちゃんちの川で楽しく遊びました。

 

水とともに生き、森と人間が共存し、ゴリの天ぷらを食べる。

真夏のど田舎はやっぱ最高です。

まあそんな感じですね。おわり。

ランキング参加中です。ぽちっと応援していただけると嬉しいです☆
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
RELATED関連する記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
▼この記事を今すぐSNSでシェアする
▼SNSで更新情報をうけとる