【高知】久礼大正町市場の山本鮮魚店で「魚屋の海鮮丼」を食べてみた

9月某日。中土佐町久礼にある「久礼大正町市場」に行ってきました。

(注*2017912日に公開した記事を再編集したものです。)

 

中土佐町といえばカツオの町。カツオといえば9月が旬…

9月といえばメジカの新子。

というわけで、今日はガチで

メジカの新子

を狙ってます。これを食うためだけに中土佐町までやってきました。

久礼大正町市場

魚といえばここ「久礼大正町市場」。もはや説明いらずだと思うので、説明は省かさせていただきます。

待ってろよ。新子ちゃん…

まずは入ってすぐのお店。「山本鮮魚店」さんでご飯タイム。

ほんとは新子を求めて市場の奥のほうへ行きたかったんですけどね。妻が「早くサカナ食わせろ」ってうるさいんで。

山本鮮魚店

店内は2人がけのテーブルが全部で5つ。合計10名ほどが座れます。

奥には有名人のサインがずらり。松岡修造さんがハンパなく目立ってたのが印象的でした。

壁の黒板にはサイドメニュー「本日のお刺身」。

ぱっと見、メジカの新子は書いてない模様。一応、店員さんに確認してみました。すると…

やっぱりありませんでした。今日は入ってきてないって。くっ!

山本鮮魚店のメニュー

メニューはシンプルな構成です。海鮮、タタキ、ちりめんの各種丼シリーズ。

鰹、うつぼの丼&店主おまかせ刺身の盛り合せ。

おまかせ刺身の盛り合わせには、地物の刺身が三種類入るそうです。

鰹のタタキ(塩 or タレ)、うつぼのタタキ。そしてサイドメニュー&ドリンク。

こういう場所で昼間っから生中ぐびっとヤッたら最高だろうなー。

あと、生かつお藁焼きタタキ(販売)もありました。これは県外の人に送ってあげると喜ばれそうですね。

魚屋の海鮮丼 950円

はい来ました。魚屋の海鮮丼ご飯大盛50円アップバージョンです。うまそっ!

サブの味噌汁。いい香り。

同じくサブのたくあんです。

主役の海鮮丼はご覧の通り、おさかな天国でした。

山本鮮魚店さん手作りの海鮮丼専用タレをぶっかけていただきます。

タレかけながら写真撮るのって、案外難しいのね…!(ブレブレですいません)

それではいただきます。

まいう

やっぱ港町のタタキはひと味違いますね。藁の香りがVERY GOOD。手作りダレもうましです!

はう

生臭さゼロ。そして、この鮮度。中土佐町に住んじゃおうかしらマジで。

嗚呼、幸せ。おかわりしたい…

山本鮮魚店さん、めっちゃレベル高いなー。

で、結局この日は子供たちがぐずるので、残念ながらメジカの新子はゲットできませんでした。だけども、オラもう大満足です。

おいしい魚も食べれたし、オンショアの心地よい海風で心も癒されたし。めっちゃ最高な気分でした。

鰹の町、中土佐町。海は近いし、山はあるし。ほんと素敵な町ですね。

またリベンジしよ!ひとりで。

ランキング参加中。気が向いたらポチッと応援お願いします。
Sponsored Links

▼この記事をSNSでシェアする

ブログの更新情報をいろんな方法で配信しております。フォローしていただけると、ブログ更新を見逃しません(*'ω'*)

B!