京都の天橋立からの久美浜湾で二羽のカモメに出会う

高知を出て、旅に出る。昼過ぎ、ようやく京都に着いた。

あぁ〜遠かったなぁ。京都はもう何度目だろう?数えてみた。えーと‥1.2.3.4.5.6.…

忘れた…。完全にド忘れだ。困ったもんだね。

京都府北部にある、日本海を望む京都丹後にやってきた。ここに来るのは初めてだな。ここには古来より奇勝と称される地がある。

それがここ、天橋立(あまのはしだて)だ。

もとは天上界と地上界をつなぐ梯子(はしご)であったといわれる。そのはしごがバタンと倒れてしまって、天橋立になった。んだってさ。

日本三景かぁ、うん。いい景色だ。

全長3.6Km、幅20〜170M。砂地には約8000本の松が茂り、その姿はあたかも天に舞う架け橋のよう‥なんだって。

京丹後市の「みなと悠々」

日本海と久美浜湾にはさまれた温泉宿。あぁ温泉入りたいなぁ‥たまにはゆっくり、のんびりと一日を過ごしてみたいものだ。

でも‥今日も温泉には入れない。なぜなら、なぜならば。

今日も時間が押しているのだ。押しまくっているのだ。行程にはいつも余裕がないんだ。まいったな‥。いつもこうだよ。つってね。

久美浜湾、海を見にきた。時間がないけど、見にきた。あぁ〜いい風が吹いてるなぁ。心地よい風だ。

カモメが鳴いている…。そうだ。ここ、久美浜湾はカキの養殖が盛んに行われている。らしい。カキは、レモンで食べると美味しいよね。

しかし、腹が減ってきたな。朝ごはんガッツリ食べたはずなのに。あれ?何食べたっけ?

カモメが二羽庭にならんでいる。二羽は同じほうを見ているなぁ。何かあるんだろうか?

もしかして‥金持ちになる答えでもあるのか…

私「な、なぁ、カモメ。教えてくれ。オレは将来、金持ちなのか ⁈ どうなんだ!答えろよ!」

カモメA「 ……………………。」
カモメB「 ……………………。」

……だよね、そうだよね。今年も買うよ!toto BIG。

10億円当たったら、君ならどうする?

私は、ガクトみたいな生活がしたいな。ぶっちゃけ、そう思う。

とりあえず‥速攻で会社辞めるよね。次に、クルマだよね。そして家をか‥ふふふふ ♪

一応、カモメ達が見ているほうを見てみた。股の間からのぞいてみた。すると…

何もなかった……。見事なまでに‥何もなかった。うっすらと期待した私がバカだった。おバカさん、だよね。

カモメはいったい何をガン見していたんだろうか。まさか…魚 ⁉︎

京都に来て、どれくらいの時間がたったのだろう?もう帰る時間だ。あっという間だよ。まったく。もう!

今回も温泉入れなかったのが悔しい。くやしくて‥悔しくて‥でも、涙は出ないよ。一滴も。男だからね。

同僚「海でたそがれよったかよタカジュン。はようきや!もう行くぜよ!」

私「あっ、やっば…!」

さよなら、京都。来週、また来るから‥仕事で。来週も、仕事で。来週も仕事なんだからね。来週も仕‥

しかしココは、いい追い風が吹いてるなぁ。いつもこんな風に吹かれていたい。そう思った。ちょっとだけ、そう思った。

同僚 ( はやく‥終われ‥。)

丹後、いい街だね。

よし、高知に帰ろう。出発だ!

ランキングに参加してます。気が向いたらポチッと応援おねがいします♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう