日清「ラ王」背脂コク醤油を夜中にこっそり食べたんだ

深夜、午前2時。

どうしても小腹が減って堪らなくなった私は、台所で遂に「あの作戦」を決行する。それは……

食器棚と天井の隙間に隠しておいた「日清ラ王・背脂コク醤油」を妻にバレないようにこっそり食べること。

最近、私たちは台所すぐ横のリビングルームで寝ている。そこは、唯一エアコンがあって快適に眠れる場所だ……

妻との距離は、直線距離にして約3メートル。絶対に、物音ひとつ立ててはいけない危険な距離。

今、ここで妻が起きたら間違いなくクッションでシバかれるだろうな。

「何時やと思うちゅうがで!バシッ!」って。でも、もう我慢出来ない……

私は、「ラ王」が食べたい。

よし、いいぞ。チャーシューとかやくをそっと置いて第一段階クリアだ……

そして、内側の線ピッタシにお湯を入れる。頼むから起きないでくれ……

そして、5分待つ……

タイマーをセットしたら、タイマー裏面にある「音が出るところ」を指で塞ぎながらスタートボタンを押す……

( かすかに「ピッ」って鳴った )

セーフだ。液体スープでフタをしたら、「気」を完全に消して静かに待とう。

しかし5分て長いな…時間よ、早く過ぎれ……

残り2秒で止める。「ピピピピッ」って鳴る前に……

「ピッ!」

しまった!!指で塞ぐの忘れて、結構な音量でピッって鳴ってしまった……

ヤバい……妻が寝返りをうって、顔がこっちを向いている!

今の音で妻が「レム睡眠」に突入してしまったとすれば、この台所のわずかな明かりでも……

急げ!急げー!早く出てこい!( ガサガサッ )

よし出来た!急いで食わねばっ!

「 熱っつ!!!」

ハッ…しまった……思わず声が

恐る恐るリビングルームに目をやると……

ハッ?!((((;゚Д゚)))))))

妻が、起きあがってこっちを見ている!(−_−;)

妻「 アンタ何しゆうがで。 」

つづく

ランキングに参加してます。気が向いたらポチッと応援おねがいします♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう